診療案内

ホーム > 診療案内 > 小児歯科・一般歯科

小児歯科・一般歯科

小児歯科

小児歯科とはただ子供の虫歯を治すだけではありません。

乳歯から永久歯への交換期には、永久歯を理想的な位置に萌出(ほうしゅつ)させるために、乳歯を早期に抜歯したり簡単な矯正装置を用いることにより、永久歯を誘導します。

虫歯予防に努め、最終的にはきれいな永久歯を正しい位置に生やし、健康なお口の状態に育てることを目標にしております。

小児の虫歯の予防と治療

フッ素

フッ素

実は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌(ミュータンス菌)はいません。

しかし、ひとたび入り込むと虫歯菌は増え、虫歯の原因になります。

そのため、幼いうちに菌の侵入を防ぐことや菌の数を増やさないようにすることが、とても重要です。

虫歯菌の繁殖を抑えるのに有効な手段は歯みがき、そして虫歯になりにくい歯を作る「フッ素塗布」がございます。

シーラント

シーラント

ちょっとお子様の奥歯を見ていただくと、でこぼこした深い溝が見えるかと思います。

6歳臼歯など、生えたての奥歯には複雑な溝があります。

その溝は成長の過程ですり減って浅くなりますが、しばらくは汚れが溜まりやすい状態が続くので、虫歯の主な原因になります。

そこで、「シーラント」というフッ素を含んだ樹脂で溝を埋めることで、事前に虫歯のリスクを減らすことが可能です。

一般歯科

一般歯科

一般歯科とは、具体的にどういった治療のことをいうのか疑問に持たれる方もいらっしゃいます。

簡単にご説明しますと、小児歯科・矯正歯科・口腔外科以外の虫歯治療や歯周病の治療など、通常皆さんが歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を一般歯科と呼びます

当院では、レントゲンを撮影したり、各患者様の歯の健康状態や治療方針を患者様に丁寧にカウンセリングし、十分理解していただいた上で治療する事を心がけております。