診療案内

ホーム > 診療案内 > 矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科

歯というのは人間の体の中でも特に重要な部位で、毎日の食事の際はもちろんのこと、歯の並びが整っていないと体の色々な部分に影響を及ぼすことがあります。

そのために歯科矯正という技術が発達し、ズレた歯の並びを矯正します。

矯正を望む方の多くは、「歯並びをキレイにしたい」という見た目の改善に強い関心をもっておりますが、実は歯科矯正はそれ以外にもっと体の内面に深い影響がございます。

例えば歯並びがズレてしまっているという方は、当然毎日の食事の際の噛み合わせが悪いということであり、これは体の骨格全体をゆがめてしまう原因になったり、力を入れて何かを持ち上げようとする時にも、噛み合わせが悪かったりすると上手く力が入りません。

このように歯並びは重要な部分のため、歯科矯正は毎日の生活に深く関わる治療と言えます。

咬合誘導

咬合誘導

当院では永久歯の交換期(6歳位くらい)からの歯列育成を重要視しています。

その一つとして行わる処置に「咬合誘導」と呼ばれるものがあります。

咬合誘導とは、上下の前歯の生え方で将来の歯並びを予測し、できるだけ早期に前歯の移動や拡大を行なうことで、永久歯の交換スペース(生える場所)を確保する処置です。

そうすることにより、永久歯が本来の位置にスムーズに生えてくるようにします。

当院では咬合誘導を積極的に行っております。簡単な装置を使用いたしますので、ご興味のある親御様がいらっしゃいましたら、お気軽にお尋ねください。

リンガルアーチ

リンガルアーチ(内側矯正)

リンガルアーチとは、矯正装置の1つです。

リンガルとは舌側、つまり歯の裏側につける矯正器具のことです。

自分で取り外しができないため、お子様が誤って外す心配もございません。

また、リンガルアーチは全顎ボンディング矯正と同時に使うことも可能です。

全顎ボンディング矯正

全顎ボンディング矯正

永久歯に生え変わってからは、本格的なブラケットによる矯正を行います。

当院ではなるべく目立たないよう、歯に貼付けるブラケットは透明、スロットは金色、ブラケットの中を通す金属ワイヤーも金色のものを使用し、その両者を透明のゴムで固定をしております。