インプラント

ホーム > インプラント > インプラントとは

インプラントとは

インプラント01

インプラントとは、虫歯や歯周病で歯を失ってしまった所に人工の歯根を埋め入れ、天然歯とほとんど同じ状態まで噛む力を回復させる治療法です。

本来の歯と同様の噛みごたえに加え、定期的な手入れをすることで半永久的に使えることから「第二の永久歯」とも呼ばれています。

インプラントでは、硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感、話しにくさに悩まされることはございません。

硬いものをしっかりと噛め、話すときも発音しやすく、加えて見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

当院では、安全・安心でトラブルのない治療に取り組んでおります。

詳しくはインプラントへの取り組みのページをご覧ください。

インプラントのメリット/デメリット

メリット

インプラントのメリット
  • ・両隣の歯を削る必要がない
  • ・よく噛めて違和感をほとんど感じない
  • ・固定性の歯のため、残存歯の負担が軽くなる
  • ・噛み合わせが安定する
  • ・バーや止め金がないために違和感が少ない
  • ・義歯を強固に安定させることができる

デメリット

インプラントのメリット
  • ・インプラント埋入手術が必要
  • ・若年者(成長期)には不可:20才以上が目安
  • ・他に比べ治療費が高価
  • ・治療期間が長期
  • ・術者の知識、技術が必要
  • ・失敗した場合、リカバリーが困難

入れ歯/ブリッジとの比較

歯が中間で1本抜けた場合

歯が中間で1本抜けた場合
ブリッジ
・隣の歯を削りブリッジにします。
もしも隣の歯が、虫歯になっていない健康な歯でも削らなくてはなりません。
インプラント
・抜けた数だけのインプラントを植立できます。
インプラントは顎の骨にしっかり固定されているので強い力で噛むことができます。

歯が中間で2本抜けた場合

歯が中間で2本抜けた場合
ブリッジ
・抜けた2本の歯の大きな噛む力を支えるため、数本の歯を削りブリッジにします。
より多くの歯が犠牲になります。
インプラント
・抜けた数だけのインプラントを植立できます。
インプラントは顎の骨にしっかり固定されているので強い力で噛むことができます。

歯が数本抜けた場合

歯が数本抜けた場合
局部床義歯=部分入れ歯
・取り外しの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。
さらに止め金でも固定しますが、口の中に金属や樹脂の台が入ります。
インプラント
・数本のインプラントを植立し、インプラント同士を連結し固定の歯を作ります。
入れ歯を固定するバーや止め金が 必要になり、口の中もすっきりし、しっかりと噛めるようになります。

歯が全部抜けた場合

歯が全部抜けた場合
全部床義歯=総入れ歯
・全部に床のついた入れ歯を装着します。
顎の骨が退縮すると入れ歯が不安定になりやすくなります。
特に下顎の入れ歯は苦労します。
インプラント
・数本のインプラントを植立し、連結された維持装置に入れ歯を固定します。
入れ歯が安定し、口の中で動いたり、笑ったときに飛び出すことなく、よく噛めるようになります。

インプラント治療の流れ

  • 1.パノラマレントゲンと顎模型で、まずインプラントが可能かどうかを予測します。
  • 2.顎模型でCTに映る人工歯を配置したスキャンテンプレートを作製します。
  • 3.デンタルCTで撮影して、CT解析用パソコンにて簡単に説明します。
  • 4.シミュレーションソフトで顎骨の立体像を作製して、そこに実物大のインプラント体を配置します。
  • 5.データをもとに、当院の歯科技工士がストローマンガイドを作成します。
  • 6.インプラントの埋入手術を行ないます。※埋入する骨の幅や高さが足りない場合は増骨が必要になります。
  • 7.埋入したインプラント体が顎骨と完全にくっつくまで待ちます。 ※期間は埋入の状態により異なります。
  • 8.シリコンラバーで精密な印象を取り、模型上で上部構造を作製します。
  • 9.埋入したインプラント体にアバットメントという土台をねじ込み、それに最終の上部構造をセットします。
  • 10.定期的にクリーニングや噛み合わせの調整を行ない、長期に維持できるようにします。